婦人

気になるほうれい線の原因を追求して肌を守ろう

メイクに取り入れよう

コスメ

自分に似合うカラーを選ぶ

ベースメイクの仕上げにチークを塗るだけで、表情がパッと華やかになります。血色がよく見えますし、女性らしさも演出できますので、メイクをする際は欠かせないコスメの一つです。メイクにチークを取り入れるときに大切なのは、自分に合うカラーを選ぶことです。チークを選ぶときは、あらかじめいくつかのポイントを押さえておくと、自分に似合う理想的なチークがスムーズに見つかります。まず、頭に入れておきたいポイントは、自分の肌色のタイプを理解した上で、似合うカラーを見つけることです。たとえば、お肌の色が温かみのある黄色みを帯びたイエローベースの場合は、コーラルピンクやオレンジ系のレッドが似合うと言われています。そして、色白でお肌が青みを帯びているブルーベースの場合は、ローズピンクやピンクベージュなどが似合います。自分の肌色に合わないカラーを選んでしまうと、お肌になじまないことが多いので、チークを選ぶときは自分の肌色と相談しながら似合うコスメを見つけてみましょう。また、一言でチークといっても、パウダータイプやクリームタイプ、リキッドタイプなど、様々なタイプのコスメが登場しています。それぞれに質感や特長が異なりますので、出かける場所やなりたい雰囲気に合わせて選ぶのもよい方法です。ふんわりとやさしい雰囲気を演出したいときはパウダータイプ、にじみ出るような自然な血色を演出したいときはクリームタイプが適していると言われています。さらに、クリームタイプやリキッドタイプのチークを使うと自然なツヤ感が出ます。女性らしさを演出したいときにも適しているコスメなので、頭に入れてきましょう。